FX 初心者 のための金利~変動金利・固定金利~

 変動金利とはなんでしょう?

預金や住宅ローン、借入などの時に受け取る事ができる金利の事を変動金利と言います。

金利は日々変動していますが、変動金利とは言葉の通り

その影響を受け金利が上がったり下がったりする事を言います。

対義語として固定金利があります。

固定金利は変動金利と反対で日々の金利変動の影響を受ける事がないので

金利(支払い金利)が一定しています。

 変動金利のメリット

変動金利にしておけば、最初は金利が高くても将来的に金利が低下していく場合は

支払いを抑える事が出来る場合があります。

もし金利の高い時期に固定金利で借り入れをしてしまうと

金利が低下していき安い利息でお金を借りられる時期になっても

高金利のまま支払いをしていかなければなりません。

その逆で、預金をする場合は金利の安い時期に固定金利で契約してしまうと、

将来的に金利が上昇しても良い利息を受け取ることができません。

なので、変動金利にしておけば変動に合わせて無理なく返済や預金をすることが出来るのです。

ですが、固定金利にもメリットがあります。

固定金利のメリット

冒頭でも少し触れていますが、変動金利とは対になるものを固定金利と言います。

固定金利の利点は、常に金利変動の影響を受けないと言う事です。

例えば、契約時の金利が契約終了までずっと固定で継続するので、

契約後に金利相場の変動により金利が大きく下落した場合でも、

契約時の金利が適応されているため、影響を受けずに利子を受け取る事ができます。

ですが、住宅ローンなど長期に渡り返済を行わなければいけないローンの場合、長期間の返済期間のため、

どうしても返済途中に金利が変動します。

変動金利にしていると金利が下がった場合には利子が小さくなり良いのですが、

反対に金利が上昇してしまうと利子も同じようにして上がってしまいます。

固定金利を選択していれば、長期間の契約の場合においても金利変動の影響を受けず、

一定の支払いで将来の目処を付ける事ができるのです。

固定金利を選ぶ場合は、

借り入れの際、低金利で、尚且つ将来的に金利が上昇しそうな場合は、

金利変動の影響を受けない固定金利が利息を抑える事ができます。

金利変動の見通しは非常に高角度からの専門的な分析を必要とします。

金利変動の見通しを決める際には注意が必要です。

この様に一見、借入も預金の予定もないから関係ないと言いたいところですが、

当然ですが、FXこそ金利のノウハウを習得する必要があるのです。

目先の勝った負けただけで一喜一憂しているだけでは、あなたが望む投資家にはなれません。

じっくりと腰を据えて勉強しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す