FX初心者向け!ローソク足の見方をわかりやすく!

FXのアプリやソフト、FXの解説をしたホームページを見ると、ローソク足を目にすることがあります。

このローソク足、なんとなく意味がわかりそうでも、実際何を示しているのかよくわからなかったりすると思います。

今回は、ローソク足について詳しく見ていきたいと思います。

 

ローソク足

ローソク足とは、始値・高値・安値・終値という四つの値を使用し、1日や1時間というような一定期間の動きを表すチャートです。

この一定期間の動きをひとつの記号で表すのですが、この記号の形がローソクの形に似ているので、このような名前がつきました。

1時間ごとのものを「1時間足」、1日ごとのものを「日足」、5分間のものを「5分足」などと呼びます

これらの一定期間は、それぞれの投資スタイルによって変わってきます

 

ローソク足の種類 -陽線-

始値よりも終値が高い場合、ローソク足の太い部分を白(カラーで表す場合は赤)くします。

白い線は相場の上昇を示すものです。

これを、陽線と呼びます。

陽線にもいくつか種類があるので、これらについてもここで解説していきます。

 

上ひげ・下ひげ両方ともない陽線

始値がその日の安値、終値がその日の高値のときに発生します。

線の太い部分(実体と呼びます)が長ければ長いほど、相場の上昇していく勢いが強いといえるでしょう。

特に実体が長いものを大陽線と呼びます(短いひげがある場合も有)。

 

上ひげがなく、下ひげのみある陽線

始値よりも安値になる局面がありましたが、終値がその日の高値であった場合に発生します。

下降していた相場が、上昇に転じた場合などに現れることがあります

下ひげが短く、実体が長い場合は相場の上昇していく勢いが強く、押し目買いの好機に見られることがあります

 

下ひげがなく、上ひげのみある陽線

始値がその日の安値である場合に発生します。

上ひげが短く実体が長い場合は、相場の上昇する勢いが比較的強いです。

逆に、上ひげが長い場合は、相場が上昇しきっって売りに転じ始める、下降傾向への転換時に発生します。

 

ローソク足の種類 -陰線-

終値が始値よりも安い場合、ローソク足の太い部分を黒(カラーの場合は青)くします。

黒い線は、相場の下降を示すものです。

これを、陰線と呼びます。

陰線の種類は、大きく分けると以下のようになります。

 

上ひげ・下ひげ両方ともない陰線

始値がその日の高値、終値がその日の安値の場合に発生します。

実体が長ければ長いほど、相場の下降する勢いが強いといえます。

特に実体が長いものを大陰線と呼びます(短いひげがある場合も有)。

 

上ひげがあり、下ひげがない陰線

始値よりも価格が高くなる局面がありましたが、その日の安値が終値になった場合発生します。

一時的に相場が上昇傾向にあったものの、下降に転じた場合に見られる傾向があります。

上ひげが短く、かつ実体が長い場合は相場の下降する勢いが強いと言えるでしょう。

上ひげが長い場合は、相場が下降しきった場合に発生することがあります。

 

上ひげがなく、下ひげのみがある陰線

始値がその日の高値だった場合に発生します。

実体が長く、かつ下ひげが短い場合は、下降の勢いが比較的強い傾向にあります。

また、下ひげが長い場合はチャートが下降しきって相場が買いに転じる、押し目買いの好機に見られることがあります

 

その他

陰線でも陽線でもない、実体がない線というものも存在します。

終値と始値が同じだった場合に、起こる線です。

下ひげと上ひげが同等程度の長さだった場合を十字線と呼びます。

上ひげだけが伸びているものを卒塔婆下ひげだけの場合をトンボと呼びます。

あまりお目にかからない形状ではありますが、相場の上昇・下降の転換時などに現れることがあります。

 

まとめ

今回は、ローソク足についてまとめました。

今までなんとなく見ていたFXの画面も、このローソク足を理解することによって今どんな局面なのかを把握することができてくるのではないでしょうか。

このローソク足だけでも、チャートの移り変わりの変化を感じることができるので、今後の取引に活かしていけるようにしましょう。