FX初心者向けの通貨ってどんな通貨ペア?

通貨にもそれぞれ固有の性質があります

通貨に性質なんてあるわけないよ!と思うかも知れませんが、本当にあります。

正確に言うと、性質と言うよりは傾向と言った方が正しいかと思います。

今回は通貨の性格や傾向からFX初心者にあった通貨を紹介していきたいと思います。

まず日本人にとって一番身近な通貨は何でしょう?

世界にはアメリカドル、ユーロ、ポンド、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、

カナダドル、南アフリカランドドル、中国元、韓国ウォンと言った多数の通貨がありますね。

その中でも米ドルは、ニュースでも「現在の東京外国為替の円相場は1ドル○○円」と言ったことを

耳にすると思いますが、非常に日本人にとって身近な通貨です。

この米ドルと円の通貨ペアは、一般的に「ドル円」と言われています。

この通貨ペアが日本人にとって一番身近な通貨であると同時に

FX初心者にとっては最も取引しやすい通貨になります。

 

ドル円がFX初心者にとって取引しやすい理由とは

ドルと円の通貨で取引をおこなうことは

日本人とだからあまり違和感がないということもありますが、

FX初心者にとって一番の理由は、値動きが小さいと言うことが上げられます。

米ドルと円は世界を代表する通貨となっていて、

世界の取引総量はユーロとドルに続き第2位の通貨ペアだと言われています。

次に値動きが小さい通貨ペアの特徴についてお話しましょう。

■値動きが小さいので、益も損も出にくい傾向がある

■急激に偏った動きが出にくい傾向がある

■時間をかけて戦略を練る事ができる

まず、「値動きが小さいので損も益も出にくい傾向がある」についてですが、

値動きが小さいので、どうしても大きな利益を上げる事は難しいです。

ですが、相場がはずれたときは大きな損失を出さないで済みますね。

次に、「急激に偏った動きが出にくい」については、

総取引量の多い通貨ペアとなるため、

一部の偏った考えを持った投資家の影響を受けずにすみます。

そのため瞬間的に大量の資金を投じて値動きをさせる、

ストップ狩りと呼ばれる個人の投資家を狙い撃ちするようなことが起きにくい特徴があります。

最後に「時間をかけて戦略を練る事ができる」についてですが、

値動きが他の通貨と比べると穏やかなので

初心者トレーダーにとって非常に大切な思考時間を比較的長くとることが出来ます。

また、日本とアメリカは経済上、非常に密接な関わりを持っているため、

日常流れているニュースもアメリカについて沢山取り上げる事から

知らない間にアメリカについての知識を習得しています。

そう言う意味でもアメリカドルと日本円の通貨ペアでの取引は、

FX初心者にとって良い選択だと言われています。

 

まとめ

どうでしたか?

通貨にもちゃんと相性があったことがお分かり頂けたかと思います。

初心者には初心者に向いた無理のない取引がこれで出来るようになりましたね。

じっくりと戦略を練って、挑戦してみましょう。

 

コメントを残す