FX初心者は”儲け”ばかりを考えてはいけない

予想はダメ

相場を適当に「カン」や「思い付き」で売買してはいけません。

予想や思い付きで稀に当たることも確率的にはゼロではありませんが、

そんなギャンブル感覚で資産が増えますか?というお話しです。

たまたま調子良く何回か予想が当たったからと言って、

この先ずっと予想を的中させるのは不可能です。

FXは値動きの流れや、世界の社会情勢や通貨の関係、投資家たちの心理など、

様々な要因や思惑でレートが動きます。

為替にまつわる情報を収取して、傾向を見定め

どうやっていくか、確率を考えましょう。

絶対、適当な感じで予想で売買をしないようにして下さい。

いくら儲けるか?
ではありません、いくらまでの損失なら大丈夫か

目標を設定する際に、

「いくら儲けるか?」ではなく、

いくらまでの損失なら大丈夫か

を念頭に置きましょう。

損失のリスクが伴い、負ける時はどの世界でも必ずあります。

FXの場合なら、いくらまでの損失なら自分は大丈夫なのか

よく考えておきましょう。

確かに、「儲け」を目標にすることも大切ですが、

そのせいで熱くなってしまい、冷静な判断が出来ないと

必ず負けます。

いいですか?FXはギャンブルではありません。

きちんとした経験と知識があればかならず資産を増やしていけるのです。

決済の度に利益・損失どちらかが生まれます。

1回の取引で「損した」「儲かった」と一喜一憂するのではなくて、

トータルでどの様な損益になっているのかが問題です。

時には損切りも視野に

含み損が発生している最中、損失確定で決済する事を損切りといいます。

FXをする以上は、この損切りが出来なければいけません。

レートが思うように動かず損失になってしまった場合は、

いつまでもズルズルしていないで決済をしてさっさと気持ちを切り替えましょう。

「レートが戻るかも・・」だの「けっこう下がったけどまだ大丈夫」だのと

思っている間に、含み損が増える中ズルズルしていると

大きな損失につながる可能性があります。

自分の中で「これ位の含み損が発生したら損切りをする」

というルールを決めておきましょう。

やり方としては例えば、ポジションを持った段階で

逆指値を設定しておくという方法があります。

指定した逆指値のレートに達成した段階で損失は確定してしまいますが、

それ以上の損失は防ぐ事が出来ます。

利益に関しては、1回の取引でいくら儲けると設定しても、

目標レートに行かないとその予算は達成できません。

利益目標を持つこと自体は良い事ですが、

「目標のレートまで行かないと決済しない」

なんてしていると目標までは届かないが、これ位の含み益が発生している

少ないけど、ここで約定して利益確定させよう。

という考えも大切かなと思います。

何でもそうですが、欲の出し過ぎはかえって損を生みます。

長いスパンで明確な目標を設定すれば、

いずれ、損益も明確に見えてきます。

そうやって、少しづつ経験を積み重ねて欲を出し過ぎない取引をしていけば

自ずと利益は上がってきますので、頑張っていきましょう。

 

 

コメントを残す