FX初心者の方へ~トレードの種類~

過去、伸び悩んでいた頃の裁量トレード

ようし!今日は2時間くらい時間があるから焦らずトレードするぞ!

と、気合いをいれてゆっくりチャートを見ながらトレードできる日。

そして使うFX口座はスプレッドが狭いと評判の口座でネット上で当たると評判だったもの。

負けるはずが、ない。

会社勤めのため給料をもらう生活だけど

FXで毎日稼げれば収入は倍。いや、それ以上にだってなる ウハハ と当時は単純に思っていました。

本日の為替はどうだろうか。

チャートを眺めると、為替レートが動いているのが分かります。

ああ、ついに私も世界のトレーダーの仲間入りだ。

2時間が3時間になり5時間になり・・・

「来た、今買いだな」

あ、決済時だ!

うまく決済できました。

最も安いレートで買えたわけでもなく、最も高いレートで決済できたわけでもありません。

しかし、勝つことが大事です。勝ちました。

ちょっとうかれた気持ちでいると、いきなりレートが動きました。

「え、何?」

ニュースを見ると、ヨーロッパの要人が何か発言したようです。

トレードではこれが爆弾になりかねません。

自分の思うように動いてくれればいいですが逆だと悲惨です。

時計を見ると、もう夜の10時を回っています。

まだ1回しかトレードしていないのに2時間もチャートを見ているので、

かなり疲れました。

「あと1回トレードしたら終わりにしよう」

そこで、1回トレードしました。しかし、トレードチャンスが来たら取引するのではなく、

あと1回取引すると決めてかかったせいか、負けてしまいました。

「あ~、疲れた。寝よ。」

そして、朝です。仕事です。

「もう朝か・・・朝なのに疲れたな。だるい。」

それは当然です。夜中じゅうパソコンにはりついて為替の動きをみていたのですから。

結局、働きながら裁量トレードをするのは難しいということです。

大損もしていないけど、大儲けもしていません。

何日も続けてトレードすれば、勝つ日も負ける日もあります。

このトレード経験で得られたのは「あー疲れたな」だけです。

裁量トレードはなぜ、大変なのか

主な理由としては、

パソコンに長時間はりついていなければならない
トレードのタイミング、決済するタイミングを自分で考えなければならない

為替レートは人々の思惑が複雑にからみあって動いているので決して単純ではありません。

為替は上がるか下がるかの2択なのに、なぜこれほど難しいのか!と

イライラしたことは一度や二度ではないでしょう。

ここで、ひとつ考えてみましょう。

「自分で売買を考えるから疲れるし稼げない上にイライラする。考えないトレードってないのかな」

これはいい思い付きです。

考えるトレード右裁量トレードです。

裁量トレードの方法は極めて多くの方法がありますが、

無数にある取引方法から自分に適切だと思う方法を選び、

試行錯誤しながら取引することに限界を感じるとしても、全く不思議はありません。

FXをすることは本業ではないですね?

本業は別の仕事ですよね。

FXは楽しいですが、本業や日常生活を圧迫しながらやる価値があるか?

と言われれば、そうは思いません。

裁量トレード以外の方法で楽しくやりましょう。

コメントを残す