FX初心者のための効果的な注文方法

FXには様々な注文方法がある

FXをやるにあたって、先ず注文方法を知っている必要があります。

FX取引には全て注文が必須となってきますので、

ちょっと難しいな、とか用語が分かりづらいな、と思っても頑張って学習していきましょう。

成行注文

注文方法の基本では成行(なりゆき)というものがあります。

成行注文は、「今すぐ買いたい」や「すぐに売りたい」時に使う注文方法です。

※ストリーミング注文とも呼ばれています。

指値注文と逆指値注文

次に指値(さしね)注文です。

指値注文は、値を指す注文=レートを指定する注文方法のことを言います。

買い、若しくは売りのどちらでも同様なのですが「〇円買います」というのが指値注文になりますい。

例えば、USD/ JPY通貨が1ドル100円の時に成行注文で買って、

その後レートが円安になるのを見込んで、「102円で売る」という注文を出します。

この「102円で売る」というのが指値注文になります。

しかし、為替相場が自分の思うように動くとは限りません。

101円70銭までは順調に円安へ動いたのに

その後レートは戻ってしまいレートは円高方向に動いてしまった。

そこで、最低限の利益を確保できるように、

「レートが101円に戻った時点で売り」という注文を出したとします。

この注文方法を【逆指値】注文と言います。

指値注文は今のレートより有利なレート

(ドル円を買いたい場合、現状よりも安い値段)での注文ですが、

逆指値注文は「今のレートより不利なレート

(ドル円を買いたい場合、現状のレートよりも高い値段)での指値注文」のことになります。

指値注文と逆指値注文の違いをしっかり理解しておきましょう。

また、指値・逆指値注文をしたからといって、指定レートで必ず約定するとは限りません。

それにはFX各社のシステムやサーバーの性能が関係しているのですが、

つまりは、FX会社によって約定力が違うという事なのです。

ですから、100.120円で指値注文しても100.110円で約定することもあります。

この注文価格と約定価格の差を「スリッページ」と言います。

FX各社約定力が違う点、どのFX会社でもスリッページは起こり得ることを認識しておきましょう。

たくさんの用語やその意味があるのでゴチャゴチャしてしまって

「難しい!」と思ってしまいがちですが良く理解すれば決して難しい事ではありません。

楽しみながら頑張りましょう。

 

 

 

 

コメントを残す