FX初心者の「pipsってなに?」をわかりやすく解説してみる

FXについてインターネットなどで調べていくと、「pips」という言葉をよく目にするのではないでしょうか。

初心者のうちに理解しておけば、グッとFXについての理解が深まるであろうこの言葉を、今回は詳しく解説していきます。

pipsとは

pips」とは、「Percentage in points」を短縮した言葉です。

日本語にすると「あるポイントでの1パーセント」。

この場合の「あるポイント」は、為替レートが動くときの最小通貨単位を指します。

日本円で考えるpips

日本円は、通貨の最小単位が「円」となっていますね。

pipsは、最小通貨単位の1パーセントですから、「1円×1%=0.01円=1pips」となります。

0.01円とは、要するに1銭です。

よって、「1pips=1銭」となります。

米ドルで考えるpips

米ドルの最小通貨単位は、「セント」です。

1ドル=100セント」というところを念頭において、日本円の場合のように計算をしてみましょう。

最小通貨単位の1パーセントということで、「1セント×1%=0.01セント」となります。

上記に示したとおり、1ドル=100セントなので、「0.01セント=0.0001ドル=1pips」となります。

 

 

pipsはどんな場面で使われるのか

pipsという言葉がよく使われるのは、主に「為替差益(差損)」を示すときです。

FXを行っている方のブログ等で、「米ドル/円で100pipsの利益が出た」「米ドル/円で100pips損を出した」などの記載を見かけたこともあるかと思います。

米ドル/円で100pipsの利益が出た」という場合は米ドル/円で1円幅の利益が、「米ドル/円で100pips損を出した」という場合は米ドル/円で1円幅の損が発生した、という言葉に置き換えることができますね。

わざわざpipsという表記にしなくても、円で表示したほうがわかりやすいのに……」と思ったことはありませんか?

 

なぜpipsを使うのか

では、なぜpipsという表記で為替差益(差損)を示しているのでしょうか

端的にいうと、「異なる通貨でも比較しやすくするため」、そして「パフォーマンス精度を知るため」です。

 

2人のトレーダーを比較してみよう

  • 300万円の利益を得た」トレーダー
  • 3万米ドルの利益を得た」トレーダー

上記2人の比較をしてみましょう。

 

1.「1米ドル=100円」だった場合

この場合、100万円=1万米ドルとなります。

この2人を比較し評価すると、同等の利益を得ていると判断できるので、同等の評価ができるでしょう。

 

「1米ドル=100円」で、運用資金が違った場合

「100万円の利益を得た」トレーダーの運用資金が1億円だった場合、3pipsの利益で300万円を得たことになります。

対して「1万米ドルの利益を得た」トレーダーの運用資金が1万米ドル(=100万円)だった場合、300pipsの利益で300万円を得た計算になります。

この場合の2人を比較し評価すると、少ない資金で大きな利益をあげていることがわかる、「1万米ドルの利益を得た」トレーダーの方が評価が高いと判断できます。

同じ金額の利益を得ていても、pipsの差で取引のパフォーマンスが見えてくるのです。

 

まとめ

pipsという言葉について、少し理解は深まったでしょうか。

ややこしいと最初は感じるかと思いますが、少しずつこの表記に慣れていくと、トレードの流れや成果もわかりやすくなっていきます

過去の経験談から汲み取るトレードの流れ、成果なども一段を理解を増しますので、是非覚えていただけたらと思います。