FX初心者でも儲けられる!~法則~

基本は為替差益

FXの設け方はずばり「為替差益」と「スワップ金利」です。

FXの儲け方として長期運用の「スワップ金利」を得る方方法と「為替差益」で得る方法の2つがあります。

多くの勝ち組トレーダーや機関投資家が行っているのは「為替差益」を狙った売買が多いかと思います。

基本的な事は「安く買って高く売る」「高く売って安く買う」ことだけです。

損小利大

FXで儲けようとする場合に大切なのは損失をいかに出さずして利益を大きく得られるかです。

要は10回トレードして9回負けてもたった1回の大勝ちで大丈夫なのです。

FXで負けてる方の場合はこれの逆で「損大利小」です。

すぐに利益を確定して、損失はなかなか確定しません。

FXは上がるか下がるかの単純な投資です。

確立的には勝率50%のように見えます。

しかし、FXで大儲けしている投資家でも勝率は良くて3~4割です。

これは彼らが損切りを素早くしている証拠です。

感情が全く入る余地が無い無料のシステムトレードを使うのも一つの解決策です。

FXの基本はいかにコストをかけずに利益を出すかにかかっています。

大きな利益を出しても大きなコストがかかってしまったら意味がありません。

一社に絞ってFXをするのもいいのですが、基本は色んなFX会社に口座を開設した方が良いです。

一番条件の良いFX会社で取引をすることです。

FX会社は毎月手数料を変えるので、毎月一番安い手数料のFX会社が変わります。

勝ってるトレーダーは取引コストに重点を置きます。

いちいち資金を移動させて毎月色んなFX会社を使うのは手間隙がかかりますが、

利益増大と言う大きな恩恵を与えてくれます。

儲け方の基本として、勝つためにも取引コストには重点を置きましょう。

FXで特に大切なのはテクニカル分析です。

移動平均線やゴールデンクロス、デットクロスを知っているだけでも勝率に大きく反映してきます。

チャートを見てテクニカル分析をすることにより、勝率は何倍も変わってくるのです。

なぜかと言うとFX投資家がテクニカル分析をしてチャートの節目を知り、

それを意識してトレードしているからです。

ファンダメンタルズ分析(経済指標)

FXでは特に経済指標が為替相場を動かす大きな要因となります。

数ある指標でも特に大切と思われるものに着目して、

事前予想等と今までの傾向を把握しておくことが大切です。

テクニカル分析では上がる局面でも、ファンダメンタルズの影響で急落することもめずらしくありません。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析を組み合わせれば為替相場の方向性がわかり、

損をするリスクを抑えながら勝率を上げる事が可能となります。

経済指標時は儲けやすいですが、大損の危険性も大きいので、

FXに慣れるまではやらないことをお勧めします。

「FXの儲け方」として一番儲かるお勧めの方法ですが、

相場が激しく動くので、一瞬の判断力と素早い取引の操作が必要です。

パソコンにはりついてちまなこになる必要があるのです。

1分で数円動く時もあるので一瞬の値動きを見逃がさないようにしましょう。

コメントを残す