FX初心者が陥りやすい失敗とは

FXは、時間の制限・制約を受けず、比較的少額から始めやすい投資です。

とても魅力的ですよね。

ですが、失敗をして資産を失ってしまった人、FXを辞めてしまった人もたくさんいます

今回は、初心者が陥りやすい失敗について考えてみましょう。

 

検証や予測、分析を怠る

FXは、相場を分析し、予測して取引に参加していきます。

ですが、何も考えず「とりあえずポジションを持っておこう」という取引をし続けているのは、ある意味博打と変わりません

初めて取引に参加するときは勿論「とりあえず」でかまいません。

それを繰り返していくうちに、相場の動きを予測し、検証していくという行動を組み込んでいくことができます

この行動をさらに繰り返していくことによって、初心者から脱していけると言っても過言ではないと思います。

よって、この検証や予測、分析を怠ってやみくもに取引を続けていくのならば、これは博打と相違ないような状態になってしまうのです。

きちんと相場を見て、自分がどう行動すべきかを考えていくことが大切だといえます。

 

大きすぎるレバレッジには注意

資金が少ないときに「一気に資金を増やしたい…」と思ってしまう気持ち、よくわかります。

これを叶えられるかもしれない、というシステムが、レバレッジです。

レバレッジというシステムは、以前解説をしました。

⇒初心者でもわかるレバレッジ!

レバレッジは、実際持っている資金よりも大きな金額の取引を行うことができる仕組みです。

ですが、ハイリターンの裏側にはハイリスクがあります。

資金が少ない状態で通常より大きく負けてしまっては、さらに資金を減らしていくことになります。

取引時にはレバレッジを今一度確認し、今の現状を見直してみることも重要です。

 

損切りができない

相場は常に変動しています。

ですから、例え現在マイナスになる常態であったとしても、待てば回復してプラスに転じることもあります

しかし、待っても回復しないことも勿論あるのです

自らの損を確定させる、というのは非常につらいことだと思います。

ですが、きちんと自らで決めたルールを守り「このラインまで下降したらロスカット」というようにきちんと損切りをできるようにしましょう。

逆指値の利用をするなど、半ば強制的にロスカットをする方法をとることもできます

そして、逆指値を利用した場合、自分で決めたルール上のポイントよりも下げてしまうことだけは絶対にやめましょう

もっと下げても平気かもしれない、という思いは、損を被ったときに大きな打撃として返ってきます。

長く取引を続けているトレーダーは、初心者が想像しているよりも遥かに多くの損切りを経験しています

FXをはじめとしたこういった投資では、損切りは通らなければならない道なのです。

 

まとめ

今回は、初心者が陥りやすい失敗について、いくつか挙げて解説をしてみました。

失敗は成功の種と言いますし、失敗してこそ慎重さは身につくでしょう。

ですが、想像以上の損害を受けることは、誰も望んでいません

結局のところ、自らきちんとルールを決めて、日々相場を分析していくことが大切ということが、お分かりいただけたなら幸いです。