FX初心者が知っておきたい!それぞれの外国為替市場の特徴(ニューヨーク市場編)

取引高のボリュームが最大なのが、イギリスのロンドン市場であるならば、情報のボリュームで世界の為替市場に最も影響を与えているのがアメリカのニューヨーク市場です。

米ドルは、以前よりもの影響力が薄れてきたといっても、今現在でも基軸通貨であり続けています。

ドルの動きによっては、ドルストレート(米ドルが入った通貨ペアの事)だけでなく、クロス円(米ドル以外の通貨と日本円のペアの事)にも多大な影響を与える為、自然に注目される事の多い市場です。

今回はこのニューヨーク市場について、詳しく解説していきます。

それぞれの為替市場の特徴(ニューヨーク市場編)

世界中の為替市場の中で一番最後に開始されるニューヨーク市場は、欧州&ロンドン市場とは半日分トレード時間が重なっていて、
ニューヨーク市場が終了する少し前にはウェリントン&シドニー市場が始まります。

なので、ニューヨーク市場の午前中の市場の流動性は、他の為替市場と比較しても格段にに高いです。

そしてこの市場の活動時間中は、 ひと癖もふた癖もある米系ファンド筋のトレードが活発に行われる時間帯でもあり、米国が発表する経済指標によって、相場が大きく変動していくのが特徴です。

注意する点は、ロンドン時間に入った時と同じで、ニューヨーク時間に入ってすぐに、ヨーロッパ勢がロスカットをさせられる事がかなりあります。
 
例えば、ヨーロッパ市場で買い上げられていた場合、最初に売る事でヨーロッパ勢の買いポジションを損切りさせてから、ニューヨーク勢が本腰を入れてに買い上げを開始する、といったパターンがよくあります。

デイトレードでは、その日一日の予想を立てる時には、アジア時間から欧州時間が開始するくらいまでの値動きを、前半その後の時間を後半として分けて考えるのがいいでしょう。

何故かと言うと、、欧州時間に入り、欧州市場関連の経済指標が発表されれば、それによって相場の動きは大きく変っていくからです、それはニューヨーク市場も同じです。

ということは、レンジの予測は期限付であると考えた上でトレードを行った方が良いということになります。

とりわけドルは米国の通貨なので、アメリカの経済指標が値動きに大きな影響を及ぼします。

それとは逆に、日本が発表する経済指標は、ドル/円の相場に影響を与える事はあまりないかもしれません。

理由はドルと円の力関係に原因があります。

なので、夕方(日本時間では)から開始する欧州市場や、深夜(日本時間)から開始するニューヨーク市場でトレードする場合は、経済指標の結果を重視した反射神経に頼ったトレードせざるを得ません。

まとめ

今回はアメリカのニューヨーク市場について初心者の方にも分かりやすくお話させて頂きました。

ニューヨーク市場は相場を大きく変動させる材料が、集中しているので、初心者の方には注意が必要です。

ニューヨーク市場では、欧州市場が開いている26時頃までが、取引高が多い時間です。

日本のトレーダーも26~27時頃にその日のトレードを終わらせる人が多いです。