FX初心者が知っておきたい注文方法(トレール編)

今回はトレール注文についてお話していきます。

IFD注文やOCO注文も大変便利な注文方法ですが、このトレール注文(別名:トレーリングストップ注文)も、とても利便性の高い注文方法です。

トレール注文について

トレール注文とは、逆指値注文をより効率的に使用する為に使われる事の多い注文方法で、別名でトレーリングストップ注文とも呼ばれています。

トレールとは追跡という意味で、ストップロスのための逆指値注文をしてくれるだけではなく、レートが自分にとって有益な方向に動いた(利益が増えるか、損失が減る)場合は、こちらの利益に繋がるように、自動的にレートを追尾してくれます。

『利益を伸ばしたいけれど、損失は防ぎたい、なにがあった時でも、確実に利益あげていきたい』という時に有効な注文方法です。

買いポジションの場合は、レートの上昇に合わせて指定したトレール幅を保ちつつストップロス注文の値を切り上げてくれます。

その逆で、売りポジションの場合は、レートの下落に合わせて指定したトレール幅を保ちつつストップロス注文の値を切り下げてくれます。

トレール注文を使えば、出来る限り利益を増大させて、損失の最小減に抑えることが可能になります。

トレール注文の種類

トレール注文は新規注文と決済注文の両方に対応しています。
ご注文時の価格からトレール注文を始める、またはトレール注文を始める価格(トリガー価格)を指定してからご注文して下さい。

利益確定時の注文方法

トレール注文は、基本的に利益確定値を決める事をしない注文方法ですので、レートが上昇(または下降)しただけ利益も自動で上がり(または下がり)ます。※決済はしていないので、確定値ではありません。

極端な物言いをするなら、相場が同一方向に振れ続けている場合、どこまでもついていく為、利益確定をする事はありません。

それなので、折を見て利益確定の為の決済注文をするか、相場の反転を待ち、ストップロスがかかるのを待つかのどちらかの決済を選びます。

トレール注文で注意する点はあるのか?

トレール注文で注意が必要な点は、狭いレンジ相場に入ったときに、トレール値幅に引っかからないように調整をしていく必要がある事です。

また、その時々の状況に応じて、最高値を自動的に追跡していくので、サーバーの弱いFX会社を使っている場合は、トレール注文の利用には向いていないです。

上昇トレンドに乗ることが出来れば、利益一番に考えている場合に、トレール注文はとても有効的な注文方法だといえます。

ですが先ほども言ったように、トレール注文は最高値を自動的に追跡していく注文方法なので、行う場合はシステムやサーバーの強いFX会社を選択する事をオススメします。

まとめ

トレール注文は、初心者の方には慣れるまでは少し難しく感じるかもしれない注文方法ですが、使いこなす事ができれば、利益を上げていくための力になります。

ぜひ活用してみてください。