FX初心者が知っておきたいスキャルピングとは

以前スキャルピングついてお話したときに、初心者の方にはおすすめできないとお話した事がありました。

今回はFXトレードにも少しずつ慣れてきて、スキャルピングをやってみたいと思っている初心者の方のために解説していきたいと思います。

スキャルピングとは

スキャルピングもデイトレードと同じで1日に何回も売買して利益を得るトレード手法です。

スキャルピングとは皮むきという意味で、インディアンが 戦いに勝利したとき、敵の頭の皮を剥いで戦利品にしていたという怖い話から由来しています。

スキャルピングとはデイトレードよりもさらに短く、数秒から数分の間で売買を完了させて、それを1日で何度も繰り返していきます。

小さい利益を何度も積み重ねていく、というのがスキャルピングです。

デイトレードの売買期間を最小化したものと考えてください。

スキャルピングの手法

売買の時間が短いため利益は少ないですが、短い時間で一定の方向に動いているところから取っていくので、1回のトレードの成功率がかなり高いため、少ないながらも確実に利益は増えていきます。

トレードが成功する可能性が高いことを強みに、レバレッジを高くして、トレードを何度も行なっていき、利益を少しずつ積み重ねていきましょう。

1回の売買で、3~10pipsくらいのトレードを目指していきます。

高額なトレードとなり、数秒間のあいだで値動きを追っていくので、勝敗を決めるのは、ポジションを持つタイミングや、相場がポジションとは逆の方向に向かった際、早急にロスカットをするといった決断力です。

トレードしている間は、相場の動きを見守り続けていないといけないので、トレード画面の前から動かずにいられる時間と集中力や根気が必要です。

システムに突然な事故があったとしても対応できるように、FX口座には必要最低限の証拠金だけ入れておいて、何かがあった時に強制ロスカットで終わらせられるようにしておきましょう。

外国為替市場について

FXトレードの舞台となるのが外国為替市場です。ニュースなどで聞いた事がある方も多いと思います。

外国為替市場はさまざまな国に存在しますが、その中でも最も規模の大きい市場があり、世界三大市場と呼ばれています。
その3つがロンドン市場ニューヨーク市場、そして東京市場です。

ですが、株を扱っている東京証券取引所のような実際に建物が存在する市場とは違って、ネットワーク上のバーチャルな市場です。

この市場は、ネットや電話を通じて世界各国でやりとりされています。
どこかの市場があいていれば取引が可能なので、24時間取引を行う事が可能です。

スキャルピングをするのにおすすめな通貨ペア

スキャルピングは数秒間のあいだでの値動きを利用するので、よく動く通貨、動きを読みやすい通貨が適しているという事になります。

また、トレード回数が多い為、取引コストを抑えることができる通貨ペアを選ぶことが大事です

上記のような条件を満たす通貨ペアとしては、ドル/円・ユーロ/ドル・ポンド/ドルなどがあります。

動きやすい通貨ペアや動きが小さい通貨ペアはその時々で変わっていくことがあるので、自分にあっている通過ペアを選んでください。

まとめ

スキャルピングについては、人によってあう合わないがかなり分かれるでしょう。

これからスキャルピングを行う方は、事前にしっかりとスキャルピングについての知識、基本的なやり方や考え方、メリットとデメリットについてなどを徹底的に調べて、理解してからはじめる事をおすすめします。