FXの外資預金よりも大きなメリットとは?

「ビッグバンでより身近に」

個人投資は株式が一般的ですが、最近では手軽に安価で始めらるため、

FX投資が良く聞かれるようになりました。

FXとは、外国為替証拠金取引⇒Foreign Exchange(頭文字を取ってFX)と言い、

通貨売買で出た差益を得る取引の事を言います。

1996年頃から日本では金融制度改革(通称:金融ビッグバン)が始まり、

これを機会にFX取引がスタンダードなものになってきました。

 

「外資預金よりも大きなメリット」

以前は、外国為替取引と言えば外貨預金が一般的でした。

外貨預金は金利の高い国にその国の通貨で預金をする投資方法で、その利息が主な益となります。

高金利国だと、年利5%以上の国も大してめずらしくありません。

しかし、それ以上に期待ができる投資方法がFXというわけなのです。

「少額でも大金を動かせる」

先に述べた外資預金は買い付け金額が元本及び預金となります。

そのためまとまった資金が必要になりますが、FXは取引業者に証拠金というお金を預け

その預けた金額の何倍もの外資を買い付けることができるのです。

この仕組みを「レバレッジ」と言い、これを使うことで、10万円しか資金が用意できなくても

100万、200万といった多額の金額で取引できるのです。

 

「証拠金の10倍、20倍の外資を動かす」

例えば自身で用意できる資金が50万とします。

外貨預金の場合はこの50万を外資に替えて利息を受け取るか、決済売りの際の為替差益を

期待することになりますが、FXの場合は同じ資金でも200万円、300万円、最大では1250万円の

外資を動かすことが可能です。

それは、損益分だけの取引だからできるのです。

 

「FXの取引はとてもハードルが低い」

FXはよく株式投資と比較されることが多いですが、その違いをご説明していきます。

株式投資だと日本株だけでも4000銘柄近くあります。FXはせいぜい数十種類です。

ただし、円⇒外貨の組汗せだけではなく、外貨同士の取引もできるのです。

さらに資金面でも株式投資と違い、低い資金で運用できるためビジネスマンやOLなど

幅広く一般の方でも簡単に始められるのです。

 

「FXは情報が入手しやすい」

FXは平日であれば24時間取引が可能です。

そして主に取引されるニューヨーク市場の動いている時間帯は日本時間の10~11以降なので

日中は値動きのチェックできなくても、この時間帯なら大丈夫ですよね。

合わせて取引に有益な情報もFXは割と簡単に入手することができます。