FXでの損益を確定申告するメリットは?

先日、FXでの利益を確定申告する場合の条件や、税率に関して解説を行いました。

⇒FXで得た利益に税金はかかる?確定申告は必要?

今回は、確定申告を行うことによるメリットについて解説していきたいと思います。

 

確定申告のメリットとは

まず、確定申告を行う人についておさらいをしてみましょう。

  • 給与所得者であり、且つ年間給与収入が2,000万円を超える人
  • 給与所得者であり、且つ給与所得・退職所得以外の年間所得の合計額(FX等の利益を含む)が、20万円を超える人
  • 退職所得があり、退職所得以外の所得による納税額がある人
  • 公的年金等の収入が400万円を超える人
    (400万円以下でも、公的年金等の雑所得以外に所得が20万円を超える場合も申告が必要)
  • 上記4項目に該当しない人で、納税額がある人
    e.g.自営業で、納税額がある人
    e.g.給与所得がない主婦・専業トレーダーで年間所得が38万円(基礎控除額)を超える人

しかし、上記に当てはまらないFXトレーダーの方も、申請しておくことでメリットが発生することがあります

申告分離課税が適用されるようになった、というお話は先日させていただきました。

税率が20.315%と一本化された以外にも、適用されたものがあります。

それが、「損益通算」と「繰越控除」です。

 

損益通算

損益通算とは、一定期間の中で出た損益を合算し、トータルでプラスかマイナスかを算出することです。

商品先物や日経225先物、バイナリーオプション等が合算できる対象となります。

例えば、商品先物で利益が出たがFXで損を出した場合、これらを相殺することができます。

 

繰越控除

FXでの損益が年間でマイナスになった場合、3年間繰り越すことができます。

 

例えば……

FXを始めて1年目、損益は-20万円でした。

2年目も損益はマイナスになり、-50万円を計上しました。

3年目、損益がプラスに転じ、100万円の利益を上げました。

この場合、1年目、2年目でも損失を確定申告しておくと、繰越控除が受けられます

1年目、2年目のマイナスを、3年目年目のプラスで相殺することができ、3年目の利益は今までの損益を合算して30万円となります。

100万円の利益を得ましたが、前年・前々年との相殺により、課税される金額が少なくなる=節税対策になりうる、ということは想像に容易いでしょう。

ちなみに、この繰越控除を行うには、『計算明細書』と『申告書付表』を確定申告の際に添付して申請しなければなりません。

また、確定申告の際はFX業者の発行する『年間損益報告書』も必要になります。

最近ではマイナンバー制度もはじまり、マイナンバーも確定申告には必須のものになります。

上記以外にも必要な書類や内容は、その人の勤務状態や収入状況によっても変わってきます。

多岐にわたりますので、わからないことがあれば素直に税務署などで相談してみましょう

確定申告を行う時期には、各地で大々的に相談コーナーを設置していたりしますので、有効活用できるのではないでしょうか。

FX業者は全顧客の取引記録を税務署に提出することが義務化されていますので、何かをごまかそうと間違っても思わないようにしてください。

 

まとめ

今回は、FXで損益をあげた場合の確定申告、そのメリットについて解説してみました。

損を3年間繰り越して、翌年の利益と相殺できるのは、大変なメリットといえると思います。

そのために必要な書類や準備も多々ありますが、これらはFXでトレードを行い利益を上げていくには必要な事項でもあります。

面倒くさがらず、きちんと確定申告をし、税金はしっかりと納めるようにしましょう。