FXを始めるために必要なものとは?

これからFXをはじめるという方に、初心者にもわかりやすく、FXを始めるために必要なものを解説していきます。

FX会社でFX専用の取引口座を開設。

まずはFX会社でFX専用の取引口座を開設します。資金がより多く増やせるのは海外のFX会社ですが、預けた資金の安全性では国内のFX会社に分があります。

国内にも海外にもたくさん会社があって、それぞれサービス内容に少しずつ違いがありますので、各FX会社のサイトで確認してみましょう。

おすすめのFX会社の選び方は

 

・デモトレードを提供している会社

・サポート体制がしっかりしている会社

 

です。

特におすすめしたいのはデモトレードです。デモトレードを使うには会員登録が必要ですが、お金を使わずにFX体験ができるのでおすすめです、いくつかのFX会社のデモトレードを試してみるといいでしょう。

次に信託保全です。これは絶対に必要です!信託保全とは、大切な投資資金を信託銀行に託す事で、
FX業者が倒産をしても、FX取引会社の固有の資産と分けて管理されている、資金は守られます。

先ほど「預けた資金の安全性では国内のFX会社に分があります。」と言いましたが、日本で運営する場合は、この信託保全が義務付けられているので、海外FX会社より安全性は高いのです。

国内FXと違い、海外FXはで信託保全の義務化をしていません。

ですが、中には信託保全を提供している海外FX会社もありますので、海外FX会社と取引する場合は、必ず補償制度を確認しましょう。

ネット取引の出来る銀行口座を開設する

FXトレードを始めるにあたって、必ず必要なのが投資資金です。ネット銀行を利用して投資資金をFX口座へ入金する方法が最もおすすめです。

しかし、FX会社によって、もともと持っているネットバンクではFX口座への入金ができない事もあるため、確認が必要です。FX口座を探す時のついでに、各FX会社のサイトで確認してみましょう。

次に投資資金を集めます。

まずは少資金からのスタートをおすすめします。

大体5~10万くらいが妥当だと思います。多くても10万円までにしておきましょう。

初心者の方が最初から大きな金額ではじめてしまうと、大きな損失を招いてしまうかもしれないからです。

心に留めて頂きたいのは、為替市場は誰にも予期せぬことが起こったときに、急激な変動がおきる場合があります。

その時に大きな資金で取引をしていると、自分の資金を全て失い、生活に困ることになってしまうかもしれません。

なれるまでは慎重にトレードを行いましょう。

10万円くらいからならば、10000通貨ではなく1000通貨単位のトレードからのスタートがいいかもしれません。

米ドル/円(USD/JPY)が100円の時に1万ドル持っていると、
米ドル/円が1円動くだけで1万円の利益や損失になるからです。

投資資金が10万円の場合、1万円の損失はかなり大きいので危険です。

でも1000通貨単位ならば、1円動いても1,000円の損失で済むので少ない資金で取引をする場合は、1000通貨単位から始めてみるのがいいと思います。

まとめ

今回はFXを始めるためには何が必要なのか?を解説させて頂きました。FXをはじめるにあたって、儲けることが目的ですが、損をしないことが一番大事です。

最初は無理をせず、自分のペースを崩さないようにトレードをしていきましょう。