順張り・逆張りそれぞれのメリット、デメリットは?

FXについて調べたり、実際に投資を行っている方のブログを見たりしていると、「順張り」「逆張り」という言葉を目にすることがあると思います。

この二つの言葉に関して、掘り下げていきたいと思います。

 

順張り

順張りとは、相場が上昇トレンドの場合は買い、逆に下降トレンドの場合は売り、という方法で行う取引のことを指します。


順張りはトレンドに逆らわず取引を行い、相場の流れに自然に乗る事ができます

このため、初心者が覚えるべき取引手法とも言われます。

順張りのメリット

相場のトレンドを確認してから取引を行うので、比較的リスクが少ないのが順張りの特徴です。


また、相場が上昇している状態のときに取引を完結できるので、短期間でも利益を得やすいともいえます。


相場が上昇しているときに買い注文を出すことができるので、比較的心理的にも買いやすく、決済の決断もしやすいです。

順張りのデメリット

リスクが少ないということは、利益を取りこぼす可能性もあります。

トレンドと同じ方向へ取引を行っていくため、出足が遅れると売り時を見誤ったり、買ったときの値が最高値という場合も起こり得ます


これに限ったことではありませんが、取引をする際のトレンド見極めは非常に重要になります

 

逆張り

逆張りは、「これから上昇トレンドになるだろう」という予測に基づいて買い取引を行ったり、または「現在がトレンドの最高値だろう」と売り取引を行ったりする取引です。

要するに、「トレンドと逆の方向に行う取引」を指します。

逆張りは順張りとは違い、ハイリスクハイリターンの取引です。

予想が当たれば大きな利益を得ることができますが、逆張りで通貨を買う場合、それよりもさらにチャートが下降していってしまう可能性ももちろんあります。

リターンが大きいのは確かに魅力ですが、リスクのことを忘れてついつい行いがちな手法でもあるので、初心者は意識して逆張りを避けて取引をしても良いかと思います

 

逆張りのメリット

逆張りは、「行きすぎれば戻る」という考えに基づいています。

下降トレンドで買っても、そこから再び、少しずつ価格は上向いていきます。

この買うタイミングが底値であったとき、反発し、そこから上昇トレンドに転換することもあるので、うまくチャートを読めたときの利益率は非常に高いといえます。

逆張りのデメリット


例えば下降トレンドで取引を行い、通貨を購入したとします。

その時点よりもチャートが下がっていってしまう危険性は当然ついて回ります。

下降し続けてしまえばそれだけ損も増え、証拠金が足りなくなってしまえばロスカット、ということにもなりかねません。

「行きすぎれば戻る」という考えから、もう少し待ったら上がってくるかもしれないという期待も持ちやすく、損切りの決断をしにくいとも言えるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

初心者はまず「順張り」からはじめて、チャートの動きを予測し見極めることが重要なのではないでしょうか。

少しずつ経験を積み、自分にあった取引方法を身につけていきましょう