金融市場予測とそのパターンから学習する~上手に活用して成功へ~

simple468-60

「金融ニュースを欠かさずチェックしよう」

ほとんどの人が日中は仕事のため家にいないと思います。

夜、帰宅してから取引を行っている時に、とくに気を付けて欲しいのが金融ニュースです。

アメリカの経済指標の発表やFRB(連邦準備銀行)議長の会見などがそれにあたります。

この発表があると為替が上下に大きく変動する傾向が強いからです。

そのため、発表があった際はロイターなどのニュースをチェックしましょう。

 

「事前市場予測と比較しよう」

特に重要なのが、事前市場の予測です。

以前の予想した数値と実際の数値の差が離れているほど市場ではサプライズとして

認識され、為替は大きく動くことになります。

その瞬間をキャッチしてトレンドに乗ることができたら、かなりの高い確率で利益を得ることができます。

事前の市場予測はロイター等のほか、FX業者が流すニュースををチェックしましょう。

 

「得意なパターンが来るまで待とう」

時間があればあったで売買を繰り返し失敗してしまう。

ある方は、自営で日中も自由に自分のパソコンに向き合えたため、トレードをする毎日でしたが

利益は思うように出ませんでした。

この方は、ローソク中心。日足から1時間足、10分足など、多様でしたが

なぜ、利益につながらないのか・・・暗中模索し考えたところ、利益が出ている時は

明確なものがチャートに表れているときでした。

これまでは時間があれば売買を繰り返していましたが、焦らずに明確なシグナルが出るまで、

じっくり待つことにしたのです。

得意の足型が出たらすぐ行動!

自分が得意とするパターンが誰にでもあると思います。

この方は、強い上昇トレンドで小さなコマが出たとき、とくに中でも長いヒゲがでたときはその後、

下落する確率が高いことに気が付いたのです。

次に出てくる足型を見て、そこからは売りで行くパターンが多く、その逆のパターンでは

強い下降トレンドのあと、長い下ヒゲがあらわれたときは、上昇する確率が高いと思っています。

このように、自身が得意とするパターンが来た時に明確な判断をすることが利益につながります。

💡テクニカルで利益をだす

「強シグナル」と「弱シグナル」の2種類があり、複数のシグナルの組み合わせをすることで、

「勝てる」と思ったときにだけ動く、もしくは資金を多めにレバレッジを高めにすればおのずと利益は増えます。

 

💡ファンダメンタルズで利益を上げるコツ

ファンダメンタルズで大きな変化が起きたときトレンドの転換も起きやすいので、

その変化のサプライズが大きいほどトレンド転換は強く長く続く傾向にあります。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す