FX初心者に知っておいて欲しい!為替が動く時間帯

FXを始めたばかりの初心者の方などは、仕事や家事が終わり、1日の予定が一区切りついた20時頃から、取引を始める方が多いと思います。

今回はFXの取引ができる時間帯について解説していきます。

24時間取引が可能な外国為替市場

株式の取引の場合はAM9:00~11:30(前場)と12:30~15:00の(後場)の時間帯しか取引する事が出来ません。

なので、別に仕事をもっているサラリーマンの方などが株を始めるのは難しいと思います。
ですが、外国為替市場(FX)なら、土日を除いて世界各地で開かれているので、24時間取引を行う事が出来ます。

株取引と違って自分の都合のいいときに取引が行えるのが、FX最大の強みです。

各国の為替市場の取引が活発に行われる時間帯

外国為替市場は、株式のように決められた取引時間はありませんが、各市場で取引が活発に行われる時間帯を以下にまとめてみました。(すべて日本時間です。)

ニュージーランド(ウェリントン市場):AM5:00〜PM15:00(冬時間) AM06:00〜PM16:00(夏時間)

オーストラリア(シドニー市場):AM7:00〜PM17:00(冬時間) AM8:00〜PM18:00(夏時間)

日本(東京市場):AM8:00~PM18:00(冬時間) AM8:00~PM18:00(夏時間)

香港(香港市場):AM9:00〜PM19:00(冬時間) AM9:00〜PM19:00(夏時間)

シンガポール(シンガポール市場):AM9:00〜PM19:00(冬時間) AM9:00〜PM19:00(夏時間)

ドイツ(フランクフルト市場):PM15:00〜AM25:00(冬時間) PM16:00〜AM26:00(夏時間)

スイス(チューリッヒ市場):PM15:00〜AM25:00(冬時間) PM16:00〜AM26:00(夏時間)

イギリス(ロンドン市場):PM16:00〜AM26:00(冬時間) PM17:00〜AM27:00(夏時間)

アメリカ(ニューヨーク市場):PM21:00~AM6:00(冬時間) AM27:00~AM7:00(夏時間)

ご存知の通り、北半球と南半球では同じ時期の季節が逆です。

なので、各国で取り入れている夏時間には要注意です。

南半球が冬時間の場合、北半球は夏時間となります。反対に、北半球が冬時間のときは、南半球は夏時間になります。

なお、夏時間は日本・香港・シンガポールなどアジア圏内の為替市場では取り入れていません

まとめ

今回はFXの取引ができる時間帯についてお話させて頂きました。

いかがでしたでしょうか、初心者の方にもわかりやすく解説が出来ていたでしょうか?

FXで最も為替が動く市場は、世界の中でも中心となっているニューヨーク市場とロンドン市場です。

この2つの市場の動く時間が重なっている時間帯が1日の中でもっとも取引が活発化しています。

この最も相場に動きのある時間帯に取引を行ってみれば、普段とは違うFXが出来るかもしれません。

この記事を見て少しでもFXについて見解を深めて頂ければ幸いです。