FX初心者に知っておいて欲しい!マージンコールとは

以前ロスカットについて解説しましたが、今回はロスカットが起こる前に発生するマージンコールについてお話します。

初心者の方には特に知っておいて欲しい機能です。

マージンコールとは

マージンコールとは、証拠金の損失がロスカットが発生する手前の危険なラインまでいってしまったとき、まだ強制決済にはならないけれど、危険なので対応してくださいと警告してくれる機能です。

この機能があれば、気づかないうちにどんどん利益がマイナスなっていくのを止めてくれるので、初心者の方にはおすすめの機能です。

損失がどれくらいになったらマージンコールがかかるかはFX会社によって違ったりしますが、大体50%くらいになるとかかります。

マージンコールがかかった時の解決方法とは

マージンコールがかかったとき、対処する方法がいくつかあります。

ひとつめは、取引の一部を決済して、規模を縮小すれば、証拠金維持率を高めることができます。

ふたつめは、追加の証拠金を口座へ預け入れて、証拠金維持率を高めます。

上記のような方法で、決められた日時までに、証拠金維持率を規定のラインまで引き上げなくてはいけません。

そのほかに、相場がよい方に向かって、証拠金維持率が自然に高まるのを待つ方法もあります。もし待っても事態がよくならなかった場合は、決められた日時までに上記の方法で解決しましょう。

それでも証拠金維持率が契約しているFX会社のロスカット基準値に足りていなかった場合は、強制ロスカットが発生し損失が確定されてしまいます。

マージンコールのしくみ

マージンコールが導入されているFX会社では、毎日決まった時刻の為替レートを基準に各トレードの証拠金維持率を計算しています。

そこで規定の証拠金維持率が下回ってしまった場合、マージンコールがかかって、投資家へメールや取引画面などでしらせてくれます。

中には、マージンコールが導入されていないFX会社もあるので注意が必要です。

初心者の方には絶対に必要な機能なので、契約前に必ず確認しましょう。

必要証拠金とは

FXを始める時には、証拠金が必要になります。
FX会社に口座を開設する際に、一定のお金を担保として預け入れます。

必要証拠金とは、ポジションを取るためにそのトレード額に比例して最低限必要となる預託金の事です。
FXでは少ない金額の証拠金をもとにレバレッジ効果を利用することで、実際の資金より大きな運用を行うことができます。

まとめ

今回は初心者の方に知っておいて欲しい、マージンコールについて解説させて頂きました。

FXはレバレッジが他の投資と比較しても高く、最大25倍にすることができるので、外貨のハイリターン・ハイリスク商品と言われています。

短い期間で大きな利益をあげられる可能性がある反面、逆に大きな損失をだしてしまう可能性もあります。

初心者の方はあまりレバレッジは高くしないで、マージンコールや強制ロスカットをおこさないように用心しましょう。