初心者でもわかる!FXにおけるボリンジャーバンド

テクニカル分析を行うための指標を調べていくと、「ボリンジャーバンド」という言葉を目にすることがあるかと思います。

しかし、一言に「ボリンジャーバンド」と言われても何を示す言葉なのかわからないですよね。

ここでは、ボリンジャーバンドについて解説していきます。

 

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、相場の振れ幅を一定期間の価格データから測定し、変動範囲を予測しチャート上に表示する、統計学を基にしたテクニカル指標です。

この指標は、移動平均線(この場合ミドルラインや、ミッドバンド、中心線などと呼ばれます)と、そこから一定の偏差値分だけ上下に広がった2本のラインでできています

後者の広がりを示すラインは、2本だけでなく、4本、6本と増やして使われることも多いです。

広がりを示していくラインのことは、ミドルラインから外へ向けて、±1σ(シグマ)、±2σ、±3σと数えていきます。

多くのFX業者が出しているスマホアプリなどでも表示できるものが非常に多く、FXトレーダーにも人気が高いです。

移動平均線については、以前解説しましたので、こちらをご覧ください。

⇒初心者でもわかるFXにおける移動平均線

 

σとは

σ(シグマ)とは、標準偏差のことを指し、レートがその中で動く目安になるラインです。

ボリンジャーバンドのミドルラインは移動平均線です。

全体の68%が±1σ内、95%が±2σ内、99%が±3σ内で変動します。

平均に近ければ近いほど±1σ内で変動する可能性が高くなり、2σ~3σに滞在する時間は少なくなります。

 

ボリンジャーバンドの見方

ボリンジャーバンドは、価格変動が大きいときにバンドが開いていき、逆に価格変動の少ないときはバンドが狭まっていきます

価格変動が少ない、チャートがほぼ横ばいの状態が続いているときは、次に相場が動くときのための力をためていると考えられていることがあります。

ということは、価格が大きく変動しているときの力は、この横ばいのときに溜め込んでいた力を放出していると考えることができます。

これを踏まえると、ボリンジャーバンドの幅が狭まっている状態であるとき、この後大きくチャートが動くということが予測できます。

逆に、大きく広がったボリンジャーバンドが狭まっていく動きは、この溜め込んでいた力を放出し終わり、トレンドが転換したと読み取ることもできます。

 

まとめ

今回は、ボリンジャーバンドについて解説しました。

このボリンジャーバンドを使った取引の方法も存在しますので、それはまた詳しく解説させていただければと思います。

以前解説した移動平均線と並んで、非常によく使われるチャート分析方法のひとつですので、しっかり覚えて今後のFXライフに役立てていってください!