初心者でもわかる!FXにおけるトレンドライン

以前、テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析について解説を行いました。

⇒初心者でもわかるFXのテクニカル分析とは

⇒初心者のうちに覚えたいファンダメンタルズ


これらのほかに、「トレンドライン」というものをトレードの参考に利用している人がいます。

時折、FX関連のブログやサイトで目にするワードではないでしょうか?

ここでは、トレンドラインを詳しく掘り下げてみようと思います。

 

トレンドラインとは

言葉のとおり、トレンドを把握するために引く線。

これを、トレンドラインと言います。

移動平均線等は、利用しているソフトやアプリで表示させることができますが、これに関しては自分自身で線を引くことになります

 

トレンドラインの引き方

 

基本となる引き方をここで説明しましょう。

上下動しているチャートから、山となる高値と、谷となる安値を探します

これらを2つ見つけて、山同士、谷同士を結びます

すると、チャートを挟み込むような線が描けるのが、おわかりでしょうか。

高値同士を結んだトレンドラインのことを「レジスタンスライン(上値抵抗線)安値同士を結んだものを「サポートライン(下値支持線)と言います。

 

トレンドラインを使った相場の見方

レジスタンスラインとサポートラインの間をチャートが動いている間は、トレンドが続いていると判断することができます。

右上へ上昇していれば上昇トレンドに、右下へ推移していれば下降トレンドということです。

よって、上昇トレンド中にレートがサポートラインを割って下落していけば、下降トレンドへ入るかもしれないという合図にもなります。

売ったほうが懸命、という判断ができますよね。

逆に、下降トレンド中にレジスタンスラインを突き抜けてレートが上昇し始めたら、これは買いのサインとも取れます。

チャートが横ばいしてなかなか動かないときも、レジスタンスライン・サポートラインを引いておくことによって次の行動をどうするか、指標を作ることができるでしょう。

このように、トレンドラインでの相場を見る場合は売買のタイミングをつかみやすく、トレンドの切り替わり時期も比較的早く察知することができます

 

トレンドラインを使うメリット

前項でもお話したように、売買のタイミングをつかみやすく、今が上昇トレンドなのか、下降トレンドなのか、それとも横ばいなのか、明確に知ることができます。

初心者の場合、トレンドに対し順張りで取引を行っていくことが多いでしょうから、わかりやすいトレンドの判断材料ともいえるでしょう。

そして、このラインの引き方の基本は非常に簡単です。

基本の引き方さえ理解すれば、取引の指標のひとつとして初心者でも有効利用していけると思います。

そして、トレンドラインの引き方に決まりきった引き方はありません。

故に個性が出ますし、上級者と初心者ではトレンドラインの引き方の基準が全然違ったりもします。

経験を積んでいって、自分が使いやすいトレンドラインの引き方を模索するのも良いかと思います

 

まとめ

いかがでしたか?

トレンドラインは、初心者でも比較的導入しやすく、視覚的にトレンドの動きがわかるようになる、便利な指標のひとつです。

もちろんこれのみでチャートを見ていくわけではないですが、他の指標と組み合わせていくことで、自らに合った検証・分析方法を見つけ出すことができるでしょう。

まずはトレンドラインを、分析に取り入れてみることをオススメします。