初心者がひっかかるワナ~FXのリスクについて~

「まずは取引をして慣れて行こう」

毎日、FXの入門書を読んでいるだけではいけません。

実際に取引をしていかないと慣れないうちは注文ミスをやりがちになります。

例えば、売り買いを間違えたり、金額を間違えたりと、慣れていれば間違わないような

初歩的ミスをしないために取引をする際のツールに慣れる事が大切です。

まずは、実際にお金を使って取引をするのではなく、FX取引が疑似体験できるバーチャル取引(デモ取引)

をやって慣れて行きましょう。

バーチャル取引でトレーニングする目的は2つあります。

①取引に必要な操作方法に慣れる

②自身で行った投資判断が正しかったかどうかのチェックをする

あせらないで、どんどん練習していきましょう。

「売買にはタイミングがある」

バーチャル取引は専用サイトやインターネット取引を取り扱っている業者のサイトでできます。

バーチャル取引の画面に出ている損益もバーチャルなので例え損失してしまっても実際のお金の損失では

ありませんので安心して練習して下さい。

やり方は実際に行う取引と同様のやり方です。ここではツールに慣れるのはもちろんのこと、

売買するタイミングも自身で体験できます。

「初心者がきをつけること」

欲をかかない

いきなり大儲けを狙ってはいけません。最初慣れるまでは小さな取引が始めて

設けることよりも損失をいかに小さくするかに集中する。

一度に投資しない

投資には集中型と分散型がありますが、投資資金は小分けにすること。

 

自分なりの投資スタイルを確立する

皆さん一人一人の生活スタイルが違うように自身に見合った投資をしましょう。

例えば、日中に仕事をしている人にはデイトレードは向いていませんね。

帰宅後にできるスキャルピングなどを選びましょう。

 

自身で投資ルールを作ってみる

損切りや利益確定の基準を自身で作っておく。

いきなりルールなど作れなくても当然で、最初は試行錯誤して

あせらないで成功するルールを作っていきましょう。

 

「FXで失敗する人のタイプは、、」

初心者はいつも冷静に、というわけにはいかないですよね。

実際に自分のお金を使って取引するようになれば一喜一憂するのも無理はありません。

バーチャルの時に成績もアップして、いざ本番になると成績が良くない。

この原因はメンタル面のコントロールがうまくいっていないのです。

ここで、いかに冷静でいられるかが勝負の分かれ目です。

ほんの少しの値動きに敏感に反応してしまって焦って損切りしたのに

またすぐ反転して設け損ねる。

または、損切りしなければいけない為替水準なのになかなか決断できずにいて

ずるずる続けて損をしてしまうなど、色々とあせりから判断ミスをしがちになります。

練習の時のように冷静に落ち着いて判断してみましょう。