テクニカル分析とは?~売買のタイミングが分かる~

今後、為替がどのように動いていくのか過去の価格や取引データの時系列パターンから判断する手法を「テクニカル分

析」と言います。テクニカル分析で用いられるツールがチャートと呼ばれるグラフです。これは為替の水準を時系列にあ

らわしたものです。例えばドルが対円で過去の価格と比べてどのくらいの水準にあるのか、トレンドとして「上昇してい

る」のか「下降している」かなどが一目ですぐに分かります。

テクニカル分析は短期的な動きを探るのにはとても有効的な手法になります。

短期間の取引に使えるテクニカル分析

分析には長期・短期があります。長期的なものはファンダメンタル分析短期的なものは先程説明しましたテクニカ

ル分析ですが、通貨に与えるファンダメントル要因は数多くあり通過を取り巻く経済的要因は世界規模なので、全てに

チェックを入れていくのは不可能です。そこでおもな経済指標だけを見て、あとはテクニカル分析で取引するスタイルが

FXにはふさわしいと思います。とくにディトレードやスキャルピングなどでは1分1秒の値動きが重要です。

リアルタイムの値動きをチェックしていく必要があり、それにはチャートによる分析がかかせません。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析のメリット・デメリット

●ファンダメンタルズ分析(長期的)

・メリット:為替相場の大きな転換点を把握することができ、トレンドをつかめば大きな利益につながる。

・デメリット:短期的な動きをつかむことができない。ディトレードなどには不向き。

 

●テクニカル分析(短期的)

・メリット:市場心理を読み取ることができ、目先の動きを把握することができる。

・デメリット:経済状況変化によるトレンド転換がつかみづらい。

EX:テクニカル分析は難しいのか

テクニカル分析は短期的に探っていくのでなんとなく敬遠しがちになりますが、FXではテクニカル分析は必須です。

初めてでも基本的な事が分かっていれば、算出法など高度な事は知らなくてもかまいません。

昨今、インターネットが普及してきて非常に使いやすくなりました。

その他テクニカル分析

以上、これまで紹介してきたテクニカル分析は「トレンド系」と呼ばれている指標で、為替水準から為替の方向性を

決める分析です。これに対して、「相場の変化・転換点」探すテクニカル分析に、「オシレーター系」という

指標があります。ほとんどが「買われすぎている」または「売られすぎている」ものを数値であらわし、それを

数値で探す指標です。

インターネットで為替チャートをチェックしてみるとオシレーター系のチャートも確認することができます。

オシレーター分析には「RSI」という指標があります。

この「RSI」を例にあげてみますと、「買われすぎている」もしくは「売られすぎている」ものを0から100までの

数値であらわすと、50が真ん中、50から上がっていき、100に近づくほど「買われすぎ」、その逆で50から下に

下がっていき、0に近くなるほど「売られすぎ」ということになります。

相場の転換点を探るのに非常に適しているということが言えます。