「ローソク足」とは~基本編~

「記号であらわす4つの価格」

チャートにもたくさんの種類があります。

※チャート:為替の値動きをグラフ化したもの。

FXでは主に使われているのが「ローソク足」と呼ばれるものです。

ローソク足とは1日、1時間など、一定期間の為替の値動きを記号であらわしたもので、

この記号がローソクに似ていることから、ローソク足と呼ばれています。

ローソク足は、通貨の「始値」・「高値」・「安値」・「終値」の4つの価格をあらわします。

1時間ごとのローソク足を「1時間足」、1日ごとのローソク足を「日足<ひあし>」と呼びます。

これらは投資のスタイルによって使い分けて行きます。

「投資スタイルに沿ってローソク足を使う」

スキャルピングという超短期売買の場合は「1分足」や「5分足」と言ったチャート、若しくは

「ティック・チャート」というリアルタイムで価格を表示する「折れ線グラフ」を使用します。

※ティック・チャート(TICK CHART):約定した取引を点であらわしたチャートのこと。

超短期売買には「週足」や「月足」のチャートはあまり意味がありません。

陽線と陰線について

ローソクの色にも意味があります。

始値より終値が高くなったときはローソクの太い部分(柱)は白か赤になります。

このタイプのローソク足を陽線と言い、また終値が始値を下回った時ローソク(柱)は黒か青で記し、

これを陰線と言います。そして、柱の部分から上下に線が出ている場合があるのですが、この部分を

ヒゲ」と言います。

陰線なら始値より高値が付いた部分、あるいは終値より安くなった部分です。

高値の部分を「上ヒゲ」と言い、安値部分を「下ヒゲ」といいます。

ローソクの形状で上昇・下降が読める

ローソク足一つ一つの足はその型には形状から「太陽線」「大陰線」「小陽線」「小陰線」「十字線」に

分ける事が出来ます。「大陽線」は始値から終値まで大幅に上昇したときの足型です。

小さい値動きのときは、それぞれ「小陽線」「小陰線」と言います。

「十字線」は始値と終値が一致したケースです。これにヒゲがどのようにつくか先行きを占えたりします。

ローソク足の組み合わせ

上昇と下降のパターンがあります。

一つ一つのローソクで為替動向を伺うこともできるが、複数の足型の組み合わせでも為替の動向を

ある程度の確率で予想することが出来ます。

そのいくつかパターンで、前の足型の太陽線・大陰線の「柱」の範囲に小陽線・小陰線が

入ってしまうのを「はらみ線」と言います。

足型の組み合わせによって「陽の陽はらみ」「陰の陰はらみ」「陽の陰はらみ」「陰の陽はらみ」の

4種類のはらみ線があります。

※はらみ線:前足型を母体として、小さな足型を「はらんだおなかのこ」と見立てて

「はらみ線」呼ばれる。相場においても「新たな生命の誕生」とも言えます。